スキップしてメイン コンテンツに移動

「誠実なショービジネス」とは、真実とウソの適切な配分から生まれるのかな。

なんか、ちょっと開いてしまいましたね。発売日が近づくと色々あって自分が何者かわからなくなってきてるってところがあったりして。

妻の友人の旦那(僕も会ったことあるし彼らの結婚式に妻と二人で参加した)に、阪神タイガース球団で働いてる人がいるんですよ。選手じゃなくてスタッフさんね。

その人が、「21世紀の薩長同盟を結べ」ってスゲー面白そうじゃん!って言ってくれているらしく。

でね、そのこと自体はありがたいねえ!って話なんですけどね、それを聞いてからね、本の中で、僕が愛知県に引っ越してから初めてナゴヤドームで野球の応援行って、中日ファンになったっていう話を書いてるんですけど、そのことが変に気になったりしてね(笑)

経営における「モジュールの切り方」っていうもののやり方の文化的背景の一つとして、日本における野球文化を例示として使ってる部分があって、で、そこでちょこっと小ネタ的に挟んだんですけど。

それが、「いや、中日ファンとか言わんといたらよかったかなー」とか、「いや、サッカーしか触れずに育った自分がいかに野球ファンになったかっていう部分だけ取ったら好感なはずだ!」とか考えたりして(笑)。

まあ、別に、僕が中日ファンだから嫌いだ!!とか言うような人じゃないんで、半分冗談で言ってるんですけど、この程度のことですら結構真剣に悩んでる(というほどじゃないが少なくともアタマの中でグルグル考えてなんとか納得できる形を探しちゃう)んで、他に有形無形のこういう話があるんですよ今。

この本は、対象読者の「幅」が広いんで、普段経済の本なんて全然読まない普通の生活者の目線に響かなくちゃいけないことはもちろんなんですが、例えばもう日本なんか見捨ててシンガポールに移住して、税金安いしなんでみんなそうしないの?っていうレベルのグローバリストな個人主義者に対してもOKに響かなくちゃいけないし、一方で、そりゃ石原都知事の熱心な支持者(およびご本人)にすらちゃんと読んでもらわないと困るってなわけで、とにかく、「こういう言い方したけどあの人にはOKだっただろうか?」的な気遣いの問題が大量にあるんですよ。

ほんと、軽い話から深刻な話まで、小さい話から大きい話まで、色々ある。

凄く自分の中で「渦巻いている」と言ってもいい。

次々と色んなことをついつい考えてしまって、まとまった文章を書いたりするモードになれなかったんですよね。



まあ結局、今までの僕のビジネスはその程度の牧歌的な気遣いを残していても成立してたけど、これからはそういうわけにもいかなくなるんだな!!っていう、そういう単純明快な事実にアタマがついていってない・・・というか必死についていこうとしてるって感じですかね。

どこかで割り切ることが必要というか・・・・でも「割り切る」と言ってもそんな非人間的なことじゃなくて、多分読み手側からしても、書き手がそこまでアレコレ考えたりしてくること想定してないと思うんで、当然なことを当然にやるだけでいいんだと思うんですけど。

ただ、自分の人生的に、「今を生きている日本人の個々にできるだけ肉薄する」というフェーズが終わって、それを結晶化するフェーズも終わって、それを「世に問う」フェーズに入った以上、「肉薄」フェーズの時ほどの感度のアンテナをあっちこっちに飛ばしまくってたら僕の心身が持たないんだな・・・っていうことは実感してますね。

読者一人ひとりが中日ファンをどう思ってるかどうかとかまで気にしてられない(笑)

例えば読者が7000人いたら、それぞれの個別性っていうのはどこまでも奥深くあると思うし、実際に肉薄して一対一で話していったら、こっちとしても言えることがまた深くあるんですけど。

しかし、「マスに対して投げる数百ページの本」っていう媒体において、そんな個別性に対応してたりできないですしね。

で、そういう時に、なんか・・・・申し訳なさそうにしてたらアカンのやな・・・・という方向に自分を持っていこうとしている。

生身の自分が、生身の読者の人生を、生身に全部背負うとかできないし、そもそもやるべきでないことだし。

「すくいきれない個別性」にかんしては、「あなた自身の責任ですよ」っていうのがあるべき姿だと思うし。

そこで、「あらゆる読者のあらゆる個別性」を、ちゃんと「自分の本が完全にすくい上げているだろうか」なんかを考え始めると・・・・まあ構造的な無理があるんでね。

で、「最大公約数的ではあるけど、こういう風に捉えるとみんなが共有できる物語になるんじゃないかと思いますよ」っていうことを提示することが、これからの「仕事」だってことを考えると、いちいち読者が中日ファンかどうかを考えてオドオドすることで、その「商品」に対する自信が無いような印象になる振る舞いになったら本末転倒ってところがあるんで。

だから、ある意味大げさに言えば「絵空事」・・・・って言うと言いすぎだが、しかしまあ、個人相手のコンサルティングで、長期的関係を築く中で相手の中から自然に出てきたものを捉えてアドバイスをしていく・・・・というような繋がりから比べると、大分薄い、でもだからこそ大枠としての力のあるものを・・・・つまりは「物語」を売っていくんだな!???と思おう思おうとしているという感じか。

そう、だから


「物語を売る」、一種の「ショービジネスとしての自分」というものをシッカリとわきまえるように持っていくことが、この本を世に出すという仕事についての関係者全員の効用を最大化する道なんだな

とかね。

そういう、当たり前といえば当たり前なことを自分で理解するのに変に時間がかかって、アタマの中でグルグルグルグルしている感じの最近であります。



関係無いようで関係ある話に飛ぶとですね。

一個前の記事で、セリーヌ・ディオンとホイットニー・ヒューストンは、似てるけどメンタリティとか人生が大分違う感じがするって書いたんですけど、そういう感じのインタビューを妻がミクシィニュースで見つけてくれたんですよね。

元記事はマイナビエンターテイメントっていうサイト


「(前略)エルヴィス・プレスリー、マリリン・モンロー、マイケル・ジャクソン、エイミー・ワインハウス……。この人たちの死には薬物がまとわりついているわ。ホイットニーだってそうよ。愛情も、ファンも、家族も、母性も、彼女はすべてを持っていた。でも、ドラッグがそのすべてを破壊してしまったのよ」 
と断言した。 さらに続けて、 
「私は本当に怖いわ。ショービジネスが怖い。ドラッグが怖い。人の集まりが怖い。だから私はパーティをしないし、人とむやみにつるんだりしない。ショービジネスに取り込まれてもいない。私たちはこういうものを恐れなければいけないの」 
と、一見華やかなショービジネスの世界を暗に批判しながら、切々と語った。

っていうセリーヌ・ディオンの発言が紹介されてたんですけど。

僕は一個前の記事、そういう彼女の性質とか家族関係の詳しいこととかそういう情報は一切知らずに、ただ「マイハートウィルゴーオン」と「アイウィルオールウェイズ・ラブ・ユー」二曲聞いてそう思ったってだけで書いたんですけど、でもやっぱ、そういうのだけでも伝わってくるものがあるなあ・・・って思いますね。

旦那さんとラブラブだって話は、書き終わったものを読んだ妻から聞いたんで追記したんですけど。

そうそう、なんか、やっぱり「家族」とかね、長い時間かけて信頼関係を作っている仕事仲間とかね、そういうところのリアリティ的なものが抜け落ちてくるとヤバイんだと思うんですよね。

その「自然な延長」にしていく中で、多少はショービジネス的な「ウソ」が入ってくるっていうのは悪いことではないと思うんですよ。

っていうか、ずっと一緒に暮らしている家族と「同じような関係」を「本当に他人と」とか言うのは実質無理なんで。それこそ欺瞞ぽいところがあるんで。

そこのところで、変に「顧客と本当に家族であるとはどういうことか?」とか考え始めると、相手側としても全然期待してないことまでゼロから考えはじめて収集がつかなくなるしね。

ミュージシャンが舞台から何万人の観客に「愛してるぜ!!」って言ったからといってその言葉を普通のカップルのプロポーズと同等に捉えて「責任取ってよ」っていう話になったら困るし、でもだからといってじゃあそれを「責任持てないから俺は言わねえ!」って言うのもなんか、「引き受けてない」感じがするしな・・・・みたいな。

そのへん、「誠実なショービジネス」とはいったい何だろうか?みたいなことを最近は考えています。

「誠実なショービジネス」

っていうのは、

「全部を本当のこと」でやろうとすることじゃなく

て、

「大元の部分の真実性」に関しては徹底的にこだわり

ながら、その展開においては、

「合目的性のウソ」を適宜おりまぜて、「みんなが参加しやすいように」していくこと

なんじゃないかと思う。



でも結局、別の角度から言えば、健康第一なんじゃないかと思わないでもないな。

健康を損なってまで、他人に「約束」を振りまくような、そういう売り方は良くないという時代に、だんだんなってくるんじゃないかと思う。

もちろん、エルビス・プレスリーやマイケル・ジャクソンやホイットニー・ヒューストンが、相当な無理をしつつも実現してくれた「音楽」には意味があって、それが人類社会をある方向へゴゴゴゴゴゴと動かしてくれたと思うけど。

今はその「無理」がだんだん再度閉じていく時代だからね。

無理をしてでも全世界にグローバルシステムを行き渡らせたフェーズが終わって、今度はその「システム」の運用をどこまでも精緻にやって、「本当のリアリティ」を「システム上」に実現していく時代なんで。

単純な発想で「決然」としすぎると、後々「その他大勢」との間の心理的距離が開きすぎて凄く不安になったり寂しくなったりするんで、そのへんに薬物が必要になる隙間ができるんだと思うんですけど。

セリーヌ・ディオンみたいに、ちゃんと積んでいった二人の関係といった「リアルなもの」ベースで、そこから出るときには常に慎重でありながら、最終的には全世界規模にドカーンと一つのメロディを行き渡らせてしまうような、そういう風にやっていきたいと思っています。

こういうのは、僕と妻にとっての「最も長所(短所の裏返しとしての)を活かせる戦略」ってことになると思うし、粘着質な集団の文化が根深くあってそれが独自性の根幹である日本人にとっても、「自分たちの長所を徹底的に活用できる戦略」だと思うしね。

このブログの人気の投稿

経産省若手資料はそんなにダメか?褒めときゃいいじゃん。

書籍の執筆でアタマが沸き立っていて、箸休めに軽いブログを書きたいので書きます。



ネットで話題の、経産省の若手有志による、

国内外の社会構造の変化を把握するとともに、中長期的な政策の軸となる考え方を検討し、 世の中に広く問いかけることを目指すプロジェクト

っていうのがあって、このリンクからパワーポイント資料が読めるんですが。

数日前にリンクを見つけてパラパラ読んだ時には、「いいなあこれ、頑張って欲しいねえ」と思ったし、ネットでも高評価な人が多かったんですが、なんかそれから日がたつうちに色んな人が

・全く新しくない
・具体的な政策への落とし込みが足りない
・データ分析が雑

などとクサしまくってるのを見てて、いやーそんなにダメかねえ??いいじゃん!と思ったのでそれについて書きたいです。

「ダメかどうか」もさることながら、「最高とは言えなくてもとりあえず褒めときゃいいじゃん」的な話でもあります。

いや、批判は批判で内容的にはゴモットモではあるんですが、あまりにそういうのが盛り上がっちゃって、この資料に対してちょっとでも高評価をするのは知的人間として恥ずかしい・・・ぐらいの空気になってきてるのがちょっとどうかと思うんですよ。

そもそも役所が懇談会的にインテリ集めてとりまとめた資料で、総花的にならずに一方向的なストーリーがあって、ある程度こういう「何言ってるかちゃんとわかる」資料ってそんなに多くないですし、だからこそ「うるさ型」の人たちがクサし始める前の段階では結構ネットで「いいじゃん!」的空気が巻き起こったりもしたわけですよね。

単純に言って、役所発のペーパーで、その「いいじゃん!」モードが小規模でも巻き起こったりした時点でそりゃ奇跡と言って良くて、そりゃ批判は結構だが、じゃあどっかに「超絶凄い官僚さんの集団」がいるわけじゃないんだから、今の日本の官僚さんたちに、官僚の役割の中でできることは頑張ってもらうしかないわけで、だからあんまりクサすばっかりなのもどうかと思うわけですよ。

で、資料の内容なんですが、たしかに「どこにもない新奇性」とか、「具体的な政策へ落とし込みきった提案」とかは弱いかもしれないが、この資料は1つの「ストーリーの提示」を目標としてるわけですよね。

いわゆる「高齢者に属する人」にも、資産や健康面でかなり余裕がある人もいるんだから、一概に「高齢者サマ扱い」で終わ…

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。