スキップしてメイン コンテンツに移動

日本をシリコンバレー的な「打てば響く場」にするための、「システムの整備」と「空気の整備」。

また、かなり好意的な書評ブログを書いてくださった人がいるんですが。

「21世紀の薩長同盟を結べ」—倉本圭造著(星海社新書)、という本を読みました。著者がMcKinseyの後輩ということもあり手に取ったのですが、大変興味深く哲学的深さもあり、また日本人の一人として大いに勇気づけらました。 
とくに—私の解釈が入っているもしれませんが、【「本当の豊かさ」の実現のためには、持ち味や価値観の異なる人たちの、互いのキャラクターを生かしたコラボレーションが重要。それは今の日本の力強い再生に必要だし、もしこれに日本が成功すれば、世界に先がけた成功モデルとして、21世紀以降の人類への大きな貢献になる】というメッセージに共感しました。


以下、たくさんの引用を含めて感想を述べていただいています。ありがとうございます!!

今のところ、星海社新書をレーベルとして注目されてる人や、あるいはマッキンゼー社繋がりでの話が多いのは、まだその「外側」への広がりに時間がかかってるなあ・・・という感じではあるんですが。まあ、それは仕方ないですね、一歩ずつ広がっていくしかない。

一つ思ったのは、マッキンゼーの卒業生MLでの議論に参加して、そこで新書の宣伝をさせていただいた時に、ちゃんと反応して、読むよと言ってくれて、今までにこういうブログ等を書いていただいたりした人は、

面白いぐらい、ほぼ”全員”シリコンバレー関係者

だなあ・・・ってことですね。

もともと直に知り合いだった仙石京大准教授他数人を除けば、多分「全員」シリコンバレーで働いたり起業されたりしていたことがある方だったと思う。今は全然違う仕事をされていても、ある時期深くシリコンバレーと関わっていたことがある人だったりとか。

この前凄い熱いメールを送って来てくれた藤井さんも、オリンパスの社外取締役以外の本業で、アジア・パシフィックのボスをやられているベタープレイスという会社はシリコンバレーの会社だしね。
また、著書によると、コンサルと投資銀行を経て事業会社のトップになった最初の会社も確かシリコンバレーの会社だったし、MBA時代の親友がシリコンバレーの有名起業家になっておられるそうですし。

リンク先の籠屋さんも、スタンフォード大学の院を出られているし、シリコンバレーでの起業経験もお持ちの方なんですよね。

いやいや、だからといって単純にアメリカは良いけど日本はダメとか言うわけじゃないんだけど、あまりにも特異に高い比率なのが、凄く印象的だったんですよね。

好意的な反応を返してくれる人がいるたびに、あれ?この人もシリコンバレーの人か。あれ?この人も?・・・・みたいな感じで。

やっぱ日本だと、既にある世評とかね、そこから来る序列感とかね、そういうのが大事になってくるんだけど、シリコンバレー関係者は、その人が言ってることと、作ったモノ(この場合は本)と、その内容とで、自分が「良いと思う!」となったらすぐそう言うし、他人にもホイホイ薦めてくれる、なんかそういうフットワークの軽さがあるなあ・・・という感じがしました。

しかも、やっぱり年齢的に言って、僕よりかなり「上」の人たちですからね。場合によっては僕と同い年の息子がいてもおかしくない、場合によっては孫がいることもありえる・・・・っていう世代の人たちも沢山いるので。

儒教風の年功序列感があるとちょっと「下」に見てきても当然ってところが日本社会ではあるわけですけど、でもそんなの全然気にしないよ・・・って感じでスコーンと動く感じが、なんかシリコンバレー的なものを感じるというか。

で、まあもちろんベンチャーキャピタル的なシステム面の整備も大事なんですけど、その「場」全体に、そういう「空気」が満ちてるってことが、凄い大事なことだと思うんですよね。

そういう「空気」が満ちてないと、個人レベルでどれだけ頑張っても、「得られるはずの協力関係」が得られないまま孤軍奮闘することになるんで、大きく育つべきものが大きく育たないで、ただただ「小さい話」ばっかりしか通らない世の中になってしまうんで。

やっぱ、「お互いの良いとこ伸ばし合っていこうぜ!!」ってみんなが自然に思ってる雰囲気の場と、「俺はこんだけ苦労してるのにあいつはその苦労をしてないのはけしからん、引きずりおろしてやれ」ってみんなが思ってる雰囲気の場じゃ、そこに導入されてる「システム」が同じでも、実際そこにあるものは全然違いますからね。

一企業単位で見ても、シリコンバレーみたいな一地域単位で見ても、国単位で見ても、プロスポーツチームみたいなレベルの話で見ても、やっぱちゃんと次々と成果が上がっているところでは、同じ「空気」があると思うんですよ。その「空気」を生み出すためのツールやシステムには、それぞれ特有のものが(むしろ形だけ見るとお互い正反対みたいなのすら)あるとは思うんですけどね。

結局、形はどうあれ、個人が「意味あることに集中できる」環境を整えるってことと、「意味あることをやっている個人」を、ちゃんと引き上げてみんなで共有するように持っていけるか、その2つがすべてなんですよね。


で、そういう「空気」を醸成していくときに、日本においてはアメリカのように単純にいかないのは、「一つの業界」内での共通了解ができるだけじゃダメだってことなんですよね。

世界で最も強固な学歴システムに守られた、「ガッチリとした共通了解」の中での、人工的なコンセンサスさえ得られれば、そのままツーカーに世界中に敷衍化できる・・・・っていうのは、ある意味本質的にはアメリカ陸海空軍の全世界的プレゼンス(存在感)があるからこそできることなんだ・・・・ってぐらいに、「アメリカだからできること」なんで。

日本でそれを直輸入するようなことだけをやっても、「システム」は輸入できても「空気」が輸入できない。

「ツーカーな共通了解」に入り込んでくるノイズが凄く大きくなるんで、小石一つ落ちてない滑走路をスイーーーっと加速させてもらえるのがシリコンバレーだとすれば、日本だとジャングルを一歩ずつ切り拓きながら進むことが必要になったりするんで。

そこで、ちゃんと「知性派側の仕切り」がスカンと通るようになった方がいいのは、本質的には「どの立場にいる日本人」にとってもそうなんだとは思うんですが、その「やり方」がアメリカンに大雑把だと、結局自分たちの本来の強みまで失ってしまうから、「現場側」としても抵抗せざるを得ない・・・ってことになるんでね。

それを「ぶっ壊すぶっ壊す!!!」って言い続けるのも、なんというか・・・・まあ、以前、「北風と太陽」の話をしたように、「ぶっ壊すといえば言うほど逆向きに意固地になる人たち」が沢山いるのが日本ですからね。

それを続けていても、最終的には「日本ってほんと嫌だよねえ」って言うしかなくなる感じじゃないですか。

その「嫌だよねえ」をいかに知的でクールな感じで言えるかレースみたいなんをやりこんでる感じになってきたりして(笑)


そこで、大事になってくるのが、「日本なりの共通了解」を作るってことなんですよね。

日本における言論っていうのは、「日本の旧社会憎し」的なモードが極まりすぎて、「新しいことを考えている人らを潰す老害どもがダメなんだ」とかね、そういう方向に行きがちじゃないですか。

で、「ある程度安定したポジション」にいる人を不安定にしてやろう・・・・っていう動きは凄い熱心なんだけど、「新しいことを考えている人」を、「みんなで引き上げよう」っていう動きがどうも弱い感じで。

でも、大事なのはそっちですからね。ある程度「ここから新しい可能性が生まれてくるな」っていう目算が共有できるぐらいになるまで、「幻想だろうと維持されてる安定」みたいなのがあった方がいい場合もあるわけなんで。

もし本当に「新しい流れ」が湧いて出てくれば、「既得権益的なもの」に対する憎しみみたいなんは既に溢れるほど共有されてるんで、「本質的な役目」が終わりさえすればすぐに葬られるはずなんですよ。

だからね、「古い社会の既得権益」がムカつくからぶっ壊してやりたいと思っておられる方は、「古い社会のナアナアさが持っていた副産物的な価値」であるところの、「最初わかりづらいんだけど長期的に見て凄い可能性を秘めているものをちゃんと引き上げる機能」っていうのを、自分たちが代替してやろう・・・・っていう風に動いてくれたらいいんですよね。

で、その、グローバリスト側の、「力を集中するべきWHATの目利き力」が、「古い共同体のナアナアさ」よりも高くなるところまで持っていけたら、あなた方が心底憎んで恨んでいる「旧社会の既得権益者」なんて、すぐに自分の権力が維持できなくなって消えていきますよ。

逆に言うと、無理押しに、「北風と太陽の北風作戦」をやろうやろうとしても、決して前進せずにここまで来た20年のグダグダの背後には、とりあえずその「ナアナアさが担っていた本質的機能」ってもんがあったんだっていう風に、考えるべきなんだと思うんですよね。

確かに、そういう問題への「反対者」は、かなりこう・・・ちょっと、現実的に考えるとムチャなことを言ってる場合も多いと思うんですが、そこで問題なのはその「論点自体」じゃないんですよね。その「ナアナアさが回りまわって保護している機能」を守るための暴走なんで。

だから、その「論点」について議論するんじゃなくて、そういう「暴走が生まれる真因」の方を根絶やしにする方向にいかないと、結局日本はこのまま何も決められずに沈んでいくだけなんですよね。


で、日本において、そういう「新しい空気」を作っていくには、「今の言論パターン」から抜けだした形をつくって行かなきゃダメなんですよ。

グローバリストはグローバリスト内だけで通じるように話し、逆側の人を全否定するだけ。アンチ・グローバリストは、自分たちの内輪だけで通用するように話し、逆側の人を全否定するだけ・・・・では、何も解決しない。

大きく割ってこの二つってことになりますけど、今の日本はさらに細分化された「自分たちの仲間」だけの言論空間が、いわゆるタコツボ的にバラバラに存在していて、共有できるストーリーが全然ないんですよね。

でも、実際にある程度以上に大きな経済行為を起こしていこうと思ったら、その「言論レベルでのタコツボ」の「外側」の人との関わりが当然必要になってくるんで。

そこが分断されたままだと、結局、個別には物凄く頑張ったとしても、得られるべき協力関係が全然得られないまま、各個撃破されちゃうんですよね。

厳しい言い方をすれば、そういうのって、結局「今ある言論パターンの既得権益に安住している」ってところがあるんだと思いますよ。「本当に変えよう、相手に伝わるように言おう」とはしてなくて、「カッコイイ批判を凄く知的に言える俺カッケー」って感じになってるっていう部分はあると思うんですよ。

・・・・とはいえ、とりあえずそういう形で噴き出している「圧力」が、今すぐ一切なくなってしまったら、ただただ、老朽化した惰性のシステムが、何の変革もされないまま温存されてさらに沈むことになるんで、その「批判」自体を突然やめたらダメなんですけどね。

だから、一歩ずつ一歩ずつ、「薩長同盟的言論」の方に、色んな立場の人が参加できる流れに持っていきたいと思ってるんですよね。


例えば、最初に貼ったディシジョンマインド社の籠屋さんのブログの「イノベーションマネージメントについての項目」と、思想家・武道家の内田樹氏の最新のブログ記事とか、おっしゃってること自体は凄い似てるじゃないですか。

「落とし所の方向性」が対照的ではあるけど、「問題意識の所在」で言ったら完全に同じといっていいぐらいですよね。

片方は、グローバリズム最前線でやってこられたバリバリの経営コンサルタントで、片方は、「アンチグローバリズムの象徴的論客」といっていいぐらいの方ですけどね。

そういう両者の間が、「概念論争」的なことをすると、とにかくお互いムカつく!!!って感じになるんですけど、現地現物的な部分をちゃんと見て、

「どうしたら一番潜在能力が開花するように持っていけるのか」

っていう問題を、実践的に考えていけば、「今までの言論パターン」の、「自分が属しているタコツボ」の外側の人とも共有できるような話になっていくはずなんですよ。

で、そういう「タコツボから出て、共有できる物語」が出来上がってきたら、広い範囲の働き手の現在にとって、「そうだよね」って自然に共感されて広がっていく「文脈」ができるんでね。

そうやって「打てば響くような空気」を再生しない限り、日本から、「新しい自分たちならではのもの」が湧くがごとく生まれるなんてことはありえませんからね。

で、アメリカで特異的に成立しているコミュニケーションのツーカーさっていうのは、その「アメリカ的世界観」が、その「最大公約数的性質」ゆえに不可避的に持っている「弾きだしてしまっている個別的リアリティ」を、アメリカ国家と軍隊のプレゼンスで圧殺し切ることによってやっとこさ成立している「奇跡」なんでね。

でも、その「透明性が確保された世界」が、例えば中東でアメリカ軍が問題起こしたりする流れが続くたびに、「外側からのノイズ」に脅かされてくる可能性は常にあるんですよ。

ただ、「圧殺しているものが多いシステム」だからといって、「システム外のもの」が「システム」を全征服したらみんなが幸せになるなんてことは絶対ないからね。

だからこそ、

「システム全体が崩壊しないようにすること」と、「システム外にあるリアリティをシステム上に乗せるように工夫をしっかりすること」は、どちら側の立場の人にとっても最重要課題

なんですよ。

そうじゃないと、

「システムごと全部ぶっ壊してやる」っていうエネルギーが強くなりすぎると、「システム運用側」の人としたら、全部ぶっ壊されるわけにもいかないから、「本来有り得たはずの柔軟なシステムの運用」よりも、「遥か手前の杓子定規さ」で運用しなくちゃいけなくなったりして、とにかく、どっちのためにもならなくなる

んですよ。

だからこそ、「グローバリスト側(知性派の個人主義者の”長州藩側”)」と、「現地現物ベースの和の国を生きている”薩摩藩側”」の、両方の立場の人のためにこそ、「薩長同盟的」な解決をしていくことが必要なんですよね。

それは、国内だけの問題じゃなくて、結局世界で共通の課題なんですよ。だから、そこに先鞭をつけられたら、そこから生まれるムーブメントは世界最先端に超儲かるムーブメントになるはずなんですよ。

それが、「21世紀の薩長同盟を結べ」なんですよね。


そういう流れを起こしていくときに、ツールとして使って欲しいのが僕の本なんですよね。

この複雑な経済社会の中で、「お互い全く違う立場の人」が、「俺はこうやって成功したんだからお前もこうやれ」って言い合ってるだけでは、お互いの凸と凹が噛みあうような新しい連携が生まれてこないですからね。

それを「両側から共有できる形」に持っていくために、プロフィール欄をご覧いただければわかるとおり、僕としてはかなり特殊な苦労をしてここまでやってきているし、それゆえにできている「両側を繋ぐ起点としての機能」が込められていると思いますし。

ぜひうまく使ってやってください。


よろしくお願いします。

このブログの人気の投稿

経産省若手資料はそんなにダメか?褒めときゃいいじゃん。

書籍の執筆でアタマが沸き立っていて、箸休めに軽いブログを書きたいので書きます。



ネットで話題の、経産省の若手有志による、

国内外の社会構造の変化を把握するとともに、中長期的な政策の軸となる考え方を検討し、 世の中に広く問いかけることを目指すプロジェクト

っていうのがあって、このリンクからパワーポイント資料が読めるんですが。

数日前にリンクを見つけてパラパラ読んだ時には、「いいなあこれ、頑張って欲しいねえ」と思ったし、ネットでも高評価な人が多かったんですが、なんかそれから日がたつうちに色んな人が

・全く新しくない
・具体的な政策への落とし込みが足りない
・データ分析が雑

などとクサしまくってるのを見てて、いやーそんなにダメかねえ??いいじゃん!と思ったのでそれについて書きたいです。

「ダメかどうか」もさることながら、「最高とは言えなくてもとりあえず褒めときゃいいじゃん」的な話でもあります。

いや、批判は批判で内容的にはゴモットモではあるんですが、あまりにそういうのが盛り上がっちゃって、この資料に対してちょっとでも高評価をするのは知的人間として恥ずかしい・・・ぐらいの空気になってきてるのがちょっとどうかと思うんですよ。

そもそも役所が懇談会的にインテリ集めてとりまとめた資料で、総花的にならずに一方向的なストーリーがあって、ある程度こういう「何言ってるかちゃんとわかる」資料ってそんなに多くないですし、だからこそ「うるさ型」の人たちがクサし始める前の段階では結構ネットで「いいじゃん!」的空気が巻き起こったりもしたわけですよね。

単純に言って、役所発のペーパーで、その「いいじゃん!」モードが小規模でも巻き起こったりした時点でそりゃ奇跡と言って良くて、そりゃ批判は結構だが、じゃあどっかに「超絶凄い官僚さんの集団」がいるわけじゃないんだから、今の日本の官僚さんたちに、官僚の役割の中でできることは頑張ってもらうしかないわけで、だからあんまりクサすばっかりなのもどうかと思うわけですよ。

で、資料の内容なんですが、たしかに「どこにもない新奇性」とか、「具体的な政策へ落とし込みきった提案」とかは弱いかもしれないが、この資料は1つの「ストーリーの提示」を目標としてるわけですよね。

いわゆる「高齢者に属する人」にも、資産や健康面でかなり余裕がある人もいるんだから、一概に「高齢者サマ扱い」で終わ…

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。