スキップしてメイン コンテンツに移動

電力問題の混乱が、せめて『21世紀の薩長同盟』へと日本人を追い込んでいく(ように持っていかなくちゃね)。

気づいたら半月近くもブログ更新してない・・・・困ったな。

一個前の記事に書いたように、結構自分自身の転換期だなと思ってるんですよね。次回作に向けて、思いっきり自分を変えていかなくちゃいけないなと思っている。

んで、中途半端に昔の延長で適当な文章を書くのは良くないなと感じていたりして。

近況報告的なことを言うと、次回作のために、この前までは、担当編集者さんの過去作品をずっと読んでたんですけど、今度はそのレーベルを一貫して手がけているブックデザイナーさんのインタビュー集なんかを読んでます。

そこまでせなあかんもんかね?と自分でも思うけど、やりたいんだから仕方ない。

書くべき内容については、もう打ち合わせが終わってて、章立てとかも出来てるんですけど。「ど真ん中を狙う新しい文体」をたちあげたいなと思っているところです。



関係ないようで関係ある話なんですが、僕は、「超長期には脱原発派&短期には、安全確認取れた原発の再稼働賛成派」なんですけど。

最近のテレビとか新聞とかだけ見てると、あまりに「脱原発に有利な情報以外シャットアウト」って感じで、フェアじゃないなあ・・・と思ってしまう。

まあ、今まで「推進派に有利な情報以外シャットアウト」状態だったみたいなもんなんだから、やり返してやるってことに何の躊躇もないぜ!!!ってことなのかもしれないけど。

再生可能エネの強力な推進にしても、原発代替発電の燃料費にしろ、それで老朽火力の再稼働をさせてることにしろ、あるいは電力不足の対策を講じなくちゃいけなくなることにしろ、凄いコスト増になることが予想されるはずなのに、それについて触れてるマスコミ情報がほとんどない・・・・のはやっぱ常軌を逸していて気持ち悪い。

一方で、原発関連のコストが原発止めてもこれだけかかる・・・・いかに原発が高コストなことか!!みたいな情報は、鬼の首を取ったように凄い大きな紙面になってたりして。(”既に作ってしまった原発のコスト”という観点で冷静な比較してる記事すらなかなか無い)

「これぐらいカネかかりますよ?あなたの電気代はこれだけあがりますよ?それでもやりますね?」

って言うんなら、それはそれでいいと思うんだけどさ。

それを言わずに(しかもほとんど”一切言わずに”というレベルで)、「経済優先の時代から、命の大切さを軸とした時代へ」みたいな超クールだね、カッコいいね!!みたいなことだけ言って、で、その「ムチャぶり」と「現実」との間のギャップは全部電力の安定供給の責任を負ってる人たちにおっかぶせてしまう・・・というのは、やっぱり人間として良くないと思う。

「どんな犠牲を払っても我々は進まなくてはならない」とか「本当に大事なことって何だろうか?ということを、一人ひとりが問いなおす時代なんだ」とか・・・・いやいや、そりゃそうですけれども!!!みたいなことを言っておいて、その現実的なフローは結局「巨悪」さんに丸投げ・・・っていうのは、やっぱ良くないと僕は思います。

しかもそういうこと言ってる人は、無条件に「”巨悪”な人たちを除く無数の無垢の市民たちは全員自分と同じ意見だ」みたいな感じの欺瞞を凄くナチュラルにゴリ押してくるのがね、なんか。

自分の道徳的満足のための行為を「現実レベルで吸収する苦労」を他人におっかぶせる形のサヨクな行為は誰のためにもならない・・・っていうことは、20世紀の歴史から人類が学ぶべき最大のレッスンだと僕は思うんですよね。

僕としては、「超長期には脱原発派」っていう僕のポジションだけ取ってみても、別にそれは全然合理的な発想というよりは、「やっぱり、使わずに済むならそれが一番だよな」っていう程度の、非常に「センチメンタルな心情サヨクだなあ俺は」って感じで恥じてる部分もあるわけなんで、あまりに「脱原発派」の人たちがゴリ押し的だと、自分の「超長期的には脱原発」ってポジションすら、引っ込めてしまいたくなってしまう。

まあ、現実的には、ある程度公選的な立場(政治家だけじゃなくて”一般消費者”に選ばれる立場も含む)の人は、この風潮を無視しては存在していられないって部分もあるんでしょうけど。

うまく、両者のメンツが立つように、最適なタイミングで、夏に無茶な節電とかしなくちゃいけなくなるような事態は避けられるように動いていって欲しいと思っています。

「冷徹な論理が通らない水戸黄門社会な日本だからダメだ」って言うのは簡単だけど、それはもう「日本人は日本人だからダメだ」って言うレベルで仕方がないことなんで、だからもうそれは覚悟した上で「あるべきところ」に「水戸黄門的解決」で持っていくしかないっていうか。

「三方一両損の大岡裁き」みたいな、各方面のメンツが立つ形で、できるだけ「無駄のない形」に落ち着いていけばいいなと思っています。



ただ、そういう話とは別に、次回作の出版オファーを受けてからの僕の傾向として、

「経済優先の時代から、命の大切さを軸とした時代へ」

みたいなこと言ってる人と、僕はもっと仲良くならなくちゃいけないなと思っているんですよね。

そこにある「気持ち」は物凄い共有できると感じる。

「数字だけ積み上がったって幸せになれないぜ」

みたいなのはね。

でも、もう一歩先へ進めて、

「数字だけ積み上げようとするのは、経済成長原理主義的に考えても非合理だぜ」

っていう風に持っていきたい。

っていうか、そういう風にしないとこれからの時代は何も現実的なムーブメントに繋がらないからね。

結局、「生きている生身の人間の奥底にあるニーズ」がちゃんと「経済の最前線」に乗るフローを分厚く稼働させていかないと、「本当に必要なもの」じゃなくて「とりあえず売りやすいもの」ばっかり市場に溢れる結果になるんで。

そしたら、そりゃ「力強い需要」なんて生まれないし、大雑把に言えばデフレにもなるぜって話なんで。

だから、「アンガージュマン」とか「ミヒャエル・エンデ」とか「実存主義」とか、なんかそのレベルで「個人の奥底」から湧いてくるものを、「市場」に載せていく・・・っていうことが物凄い大事なんだよ。

そういうフローを確実に生み出す経営実務上の配慮を社会全体で共有していくことが今一番必要なことなんですよね。

で、その「気持ち」だけを見たら、

「経済優先の時代から、命の大切さを軸とした時代へ」

て、「あれ?俺のメッセージじゃね?」って感じがしてくる(笑)

そういうメッセージを発している人たちは、とにかく「金融関係者とか電力会社とか全部を”巨悪”呼ばわり」してしまう形になってるんですけど。

「巨悪扱いせずに、良心を通すやり方があるぜ、カモナジョイナス!!」

みたいな”爽やかな”メッセージこそが、倉本圭造が発していくべきメッセージ・・・っていうか、そもそも「今までも一貫してやってきたこと」じゃないか?という気がしてきた。

むしろ、「無責任な左翼的心情」が暴走しないようにするためにこそ、「新しい最先端な左翼性(市場とちゃんと両立可能な)」を推進していかなくっちゃね!!!っていう風に持っていかなきゃと思うようになった。

ビートルズどころか、ピーターポールアンドマリーぐらいの確固とした気持ちでその「新しい21世紀の左翼性」の感情の軸を作っていかなくちゃみたいな(笑)

こういう「左翼性をまとめ上げる旗印」って、欧米だと、最新のものでもびっくりするほどアナクロというか、フランス革命時代から変わってない・・・・は言い過ぎにしても1960年代から何も変わってない・・・みたいなとこありますからね。

でも、日本には、形として明確にはなってなくても、「その先」がもともとナチュラルにはありますから、そこを新しい明確な旗印に再構成できたら物凄い「世界最先端な可能性」が生まれるんですよ。

ヒッピーくずれのスティーブ・ジョブズがあれだけの革新性を発揮したように、結局「規制緩和で競争させまくれば万事解決」っていうだけの世界観で、本当に「生命力溢れる新しい経済」が立ち上がったりしないですからね。

その「外側」にあるものを、「内側」に注入しなくちゃいけないんですよ。

その点において、「世界最先端の新しい可能性」を、今日本は手に入れられる手前に来てると言えます。前途は多少多難ですけどね。

なんせ、戦後日本のポップカルチャーっていうのは、究極的にはこの問題について、「本当の正義ってなんだろうか」みたいなことを、切実な問題として突き詰めて突き詰めてここまでやってきたんですよ。

ただ征服戦争に勝ったから無反省で良かった国とか、「被害者役」として誰かを糾弾していればよかった国とは、「自己反省の積み重ね」の密度と蓄積と切実さが全然違うってことを見せてやる!!!っていう領域がそこにはあるんですよ。

で、本当に持続可能な優位性を発揮できるコアコンピタンス(他者に真似できない優位性の核となるもの)っていうのは、それぐらい「自分たちだけに課せられた運命的問題」と向きあうことからしか生まれないんですよ。

目先の小ネタ的流行の取り入れ方の色合いをちょこっと変えてみた程度のものではダメなんですよ。



今年一年、電力問題を含めてあらゆる混乱は続くでしょうけど。

結局これは、「ただ数字だけ求める経済の風潮」という片側の極端が一方にあって、それが嫌だからといって「もう文明社会とか面倒くせえじゃん、全部リセットしちまえよ!!」っていうようなもう片方の極端が一方にあって、で、そこにある対立が「切実な問題」として表に出てくる運命にあるわけですけど。

どちらも、相手側を非難してるだけでは永久に無意味な平行線的論争が続くので。

しかし、その「無意味さ」の限界をこれでもかこれでもかと痛感させられていく・・・・という意味において、この困難にも意味がある・・・と思いたい・・・というか、そう思わないとやってられない感じだというか。

ただ、ここまで緊急的に切実な状況になるとは思ってなかったものの、大枠で言うとこういう危機を乗り越える新しい枠組みがないと人間は前に進めない・・・という問題意識で僕はこの10年やってきたんで。

どっちか片側だけじゃない、「両方取れるあり方」っていうのが、あるんだぜ・・・・という認識に、立つ人が一人ずつ増えていってくれればと思います。

「経済の現実を司る側」の人は、「反対側の人を説得する材料」として。「人間性の良心」代表の人は、「それを現実レベルで実現するための新しい世界観」として。

結局、その「薩長同盟的方向性」に広い範囲のコンセンサスが集まらない限り、日本はこのまま何も決められない、罵り合いだけしながらズルズル衰退することになりますよ。

「片側だけの論理」にしたほうが、「論理」自体はわかりやすくなってカッコ付けるのは簡単になるけど、「現実レベル」で実現しようとすればするほど「逆側の敵」が大きくなるようなビジョンを、本当に具現化するなんて不可能なんですよ。それこそヒトラー的な方向にいかない限り。

むしろ、「そもそもの発想」の時点で、「どちらか片側だけでない立脚点」ベースで、しかもちゃんと経済の現場的事情とも噛みあった配慮がなされたビジョンでやっていかなくちゃいけないんですよ。

それが、「21世紀の薩長同盟を結べ」なんですよね。

まずは出版社のサイトで試し読みからどうぞ。ブログ一回分程度の「はじめに」だけでも、「新しい方向性」の萌芽は感じてもらえると思います。

このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。