スキップしてメイン コンテンツに移動

「ヤンキーさん」たちは、実は「インテリさん」たちに凄く「期待」している。それに答えてこそ日本の「インテリ」の存在意義ではなかろうか。

最近、雑誌・ネット・テレビ・その他のあちこちで、日本の「ヤンキー(地元志向で仲間との絆を大事にする・ノリと気合で生きるイオン大好きな地方民で・・・)」さんたちについての話題が取り上げられているので、遅ればせながらそれに参戦します。

こういうのって、やはり「ヤンキー」さんたちを「全的に持ち上げる」「全的にクサす」のどちらも良くないですよね。

彼らのあり方が、「現代社会のせせこましい競争意識から逃れて自分たちらしく生きていくあたらしい文化」であるという主張はある程度正しいだろうし、一方で、日本の「中流」の崩壊、アメリカ型の超格差社会への第一歩ではないか・・・という危惧もあながち間違いではないかもしれない。

インテリの家庭に生まれて中高から超進学校で育った人間にはわからないだろうが、「彼ら」のような人たちは昔から変わらずいたのが、最近やっと可視化されただけだ・・・という指摘もある。

あと、「マイルドヤンキー的」な行動をしているように見える人も、実際付き合ってみると一緒くたに「貧困」「反知性主義」ではないというブログ記事を読んで、これも私の体感からして凄くなるほどと思いました。



私は、それなりに「インテリ」な育ちをしているはずだし俺はインテリだぜ!と自認している人間なんですが、「インテリな理屈が通る社会」の外側のリアリティを繰り込むような「経済のあり方」について一貫したビジョンを作りたいという思いから、「ヤンキー世界」にかなり深入りして働いていたことがあります。

物凄くブラックかつ、詐欺一歩手前の浄水器の訪問販売会社に潜入していたこともありますし、物流倉庫の肉体労働をしていたこともありますし、ホストクラブや、時には新興宗教団体に潜入してフィールドワークをしていたこともあります。(なんでそんなアホなことをしようとしたのかは話すと長くなるので詳細はコチラをどうぞ)

で、そういう体験から今回の「ヤンキー論壇」について思うことは、

実は彼らは「インテリ」さんたちに「物凄く期待」している

ってことです。

彼らは確かに大都会に出て行って(あるいは生まれ育ち)、「上」を目指して生きている人たちと隔絶したような文化を生きているし、時に「敵視」しているようにも見えるかもしれない。

そして日常的な彼らの行動パターンやセンスは、

・「外の世界の広い繋がりを拒否して地元に引きこもる」
・「仲間と感情的な絆を重視し、ノリと気分を“知性”に優先させる」

という形で、「都会で生き、グローバリズム世界における“上”を目指して邁進する人間」とは

全然わかりあえない「異人種」

なように見えます。

しかし、実際に彼らと触れ合ってみて、一緒に働いて・・・というようなことをやって心を開いて接してみると、

実は彼らは「インテリ」さんたちに「物凄く期待」している

んですね。

昔“とんねるず”が、「一番偉い人へ 俺達は 今何をするべきか?」という歌を歌っていたと思うのですが、

「ああいう期待」

は、実は物凄く日本の「ヤンキーさん」たちの中にあるんですよ。

「俺たちにはできねーことを、ちゃんとやってくれよな!協力できることがあったらするぜ!」

というような気持ちは凄くあるんですよ。

そこの部分での「感情的な繋がり」を失わずにいられれば、日本は経済のダイナミズムを生み出すための「ある程度の格差」を社会の中に容認しつつ、アメリカのように「完全に分断してしまった社会」にもならずにいられると私は考えています。

いわゆる「教育格差」があっても、その気になって「階層上昇」を目指すメンタリティの親がいれば勉強すりゃ大丈夫・・・という「ルート」さえ用意されていれば、ある程度親子間の学歴格差の保存・・・などがあっても、「彼らが幸せに生きて」いられさえすれば問題はないはずです。

要するに、「役割分担」ですからね。



で、日本の「インテリ」さんたちにとって、「ヤンキーさんたちとのゆるやかな共感関係」を維持したまま、ちゃんと「グローバリズム最前線的な知性」を体現して生きようとしていくことは、デジタルな理屈だけを無理やりゴリ押すことで世界を制覇しようとして、後から色んな人に恨まれてしまう「アメリカンな存在」の通用性が徐々に減衰していっている現代の世界において、

「本質的な優位性の源泉」

と言ってもいいはずです。

つまり、「日本の中のヤンキーさん」たちというのは、「日本の中のクリミア半島情勢」なんですよ。(ウクライナ情勢の混乱と、今回の突然の日本の“ヤンキー論壇”の隆盛は“本能的”な集合無意識のレベルでは共鳴しあっているように私は考えています)

そこで「知性」と、「生身に生きるあらゆる人達」が完全に分断されてしまって一切の共感関係もなくなってしまったような「文化」の人たちは、世界における「文明社会の外側の“野蛮人”扱いされる人たち」とのコミュニケーションも出来なくなってしまうのです。

しかし我々は、半分“野蛮人”の血が入ってる民族ですからね。

「欧米的な知性主義」の無理やりさへの反発も体感としてわかりつつ、でもその「欧米的な知性主義の運用」も行いながら生きている・・・それが「日本のインテリさん」の大部分の正直な感覚ですから。

なので、「ヤンキーさん」たちへのホノカな共感関係を持ちつつ、そこと「グローバリズム的な知性の運用」との間をシームレスに繋いでいく存在に、「日本のインテリさん」はなろうとしていくべきだし、そのチャレンジは、「自分たちの積年の鬱屈」を解消するための方策として優秀なだけでなく、「自分たちこそが一番うまくやれる分野」であり、かつ「どこにも統一基準がないGゼロの時代」に突入していく世界において「みんなが待ち望んでいるニーズ」がある分野なんですよね。

そしてマニアックな話ですけど、「客観的に認証された知性」というものは「所詮その時代の最善仮説にすぎない」ので「生身に生きている人間全員」というものの「全集合的性質」とはギャップがあって当然・・・という風に考えれば、こういう「日本のあり方」こそが本当の意味で「知性主義」に値するモードであるとすら言えるわけです。

そういう部分を利用して、

「アメリカ的にゴリ押しの世界制覇」ではなく、「グローバリズムが取りこぼす野蛮人性」との共感関係を維持したまま勢力を伸ばしていく戦略」

のことを、私はこれから日本が取るべき「項羽と劉邦作戦」と呼んでいます。

ウクライナ情勢が紛糾するに従って、「野蛮人性との共感関係を完全に切断」したようなデジタルな存在の通用性はどんどん減っていきますから、だからこそ「わけわからないものまでちゃんと包含した懐の深い知性」の出番だって出てきます。

それこそ、日本がこれから活躍する道になるでしょう。

そういう視点から、「日本のインテリさん」のあなたは、「日本のヤンキーさん」たちを、「ただ見下して断罪する」のでもなく、「彼らこそこれからの最高の生き方」などと過剰に持ち上げることもなく、「彼らとの共感関係を維持しつつ、自分たちだからこそできる知性の運用」について考えるように、していきたいですね!


(関連記事)
・「項羽と劉邦作戦」についてはこちらの記事をどうぞ。

・「客観的知性」をアメリカよりもフレキシブルに使えるようになるには、ある程度「偏差値主義」みたいなのもあったほうが日本の場合は良いのではないか・・・という記事がこちら

・ウクライナ情勢の変化からの「Gゼロの時代」「新・東西冷戦の時代」の混乱の中に、むしろ日本の大きなチャンスがあるという記事がこちら


面白かった!というあなたはコチラから100円投げ銭することもできます!


このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。