スキップしてメイン コンテンツに移動

「最強将棋ソフトの勝ち方」と「スティーブ・ジョブズの遺言」

久保明教さんという方が書かれた文章が、あまりにも見事でシビレました。

計算する知性といかにつきあうか――将棋電王戦からみる人間とコンピュータの近未来
久保明教 / テクノロジーの人類学

将棋の電王戦(コンピュータとプロ棋士との対戦イベント)について、一戦ごとの戦いの詳細に踏み入りながら、将棋マニア以外にも「そこで起きていること」が理解できるだけでなく、「人間と人工知能との付き合いが生み出す未来」についての考察も読ませる展開で。

ほんと良い文章だと思ったので、ぜひリンク先をお読みください。

いくつも読ませる部分があったんですが、非常になるほどと思ったのは、

「コンピュータには大局観がなく損得計算しかできないが、プロ棋士には読みの数ではコンピュータに負けるかもしれないが“大局観”がある」

という一般人の思い込みは

「間違い」

だってことでした。

そうではなくて、

「コンピュータにはコンピュータなりの大局観」がある

しかもそれは、

「人間のプロ棋士が持っている“線”の大局観」とは別の「“点”の大局観」とも言えるものだ

・・・という指摘には、非常に目が開かされました。

一回一回、「その場の最善」を読み直して世界観を組み直すコンピュータに対して、人間は「こうなってこうなってこうなってこう」という「線の繋がり」で読みがちである。

その違いが対戦のどういう局面で現れてどういう結果を生み出したのかは、冒頭のリンク先の文章を読んでいただくとして、私がこの久保氏の文章でなるほどと思ったのは、そうやって「線の大局観」が生々しい「点」とぶつかって崩壊することによって、

「自らを支えてきた前提が崩れたとき、私たちは激しく痛んだ剥き出しの身体を抱えて途方に暮れる。だが、その激しい痛みの中でこそ「すべきこと」や「わかっていること」に守られた領域の外へと踏み出していく「楽しさ」が生まれるのではないだろうか。 
機械と人間の相互作用を通じて機械はバグにまみれ人間はある種の病を抱え込む。しかしその過程を通じてこそ、計算する知性と人間的な知性が同時にその姿を変えながら共存していく未来への道筋が現れるだろう。」

いいですねえ。名文ですねえ。ここの部分以下も実に読ませるのでぜひリンク先へどうぞ。



で、こういう話を聞いていてふと私は、あのスティーブ・ジョブズが「遺言」みたいな形でスタンフォード大学の卒業式で語っていた「点と線の関係」の話を連想しました。


将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。


今、ありとあらゆる「人間社会の過去の遺産」的なものは、すべて「計算する知性」的なもの=グローバリズム的な透明度の高いシステムとのぶつかり合いの中で、今までの惰性的な前提を崩され、


“私たちは激しく痛んだ剥き出しの身体を抱えて途方に暮れ”

つつあります。

しかしその両者のぶつかり合いの中に真摯に向かい合い続ければ、そこに過去の前提を全て洗い流した上での「あたらしい知性」「あたらしい社会の運営方法」「あたらしい経済の運営方法」も、あくまでも現地現物との向かい合いの中で生み出されていくでしょう。

まさに、

しかしその過程を通じてこそ、計算する知性と人間的な知性が同時にその姿を変えながら共存していく未来への道筋が現れるだろう。

です。

我々が「生身なもの」にぶつかり合いたくないからこそ、必死に逃げ込んでいた「線の大局観」は常に潰されていく。

「アラブの春」に続く中東情勢の混乱も、スノーデン氏の暴露も、ウクライナ情勢の紛糾も、

「欧米由来の社会運営方法」という「今までの惰性的なもの」に包含していた「無理」

が、

「ITがどこまでも透明化していくメカニズム」によって露呈してきた現象

だと言えるでしょう。

しかし、そういう情勢が混乱に向かえば向かうほど、過去100年以上常に「東西文明の矛盾を最先端で丸呑みにしながら生きてきた我々日本人」の可能性を大きくクローズアップしてくれるようになるでしょう。

今までの「線」的な思い込みは常に崩壊していく時代ですが、混乱の先に与えられる「点」から常に「線」を描こうとし続けていれば、後から見れば見事な「大局観を持った“線”」と評価されるような道に持っていけるでしょう。

過去20年間、あらゆる「身軽」な国たちに、終わった国扱いされ続けてきた、この国の「どちらにも進め無さ」の混乱の中で培ってきた「違和感」を、諦めずに形にしていくことが、これからの我々のチャレンジなわけですね。

私はそれを、「項羽と劉邦作戦」と呼んでいます。

明晰なリーダーシップと単純明快な行動力で覇権を握りかけた項羽が、そのプロセスで踏みにじってしまったものたちの怨念を、一切合切吸収して結局次の時代の覇権を取った”劉邦”のように。

ステイ・ハングリー、ステイ・フーリッシュで行きましょう。

「人工的でデジタルなシステム」と、「その外側にある世界」とのぶつかり合いの最前線に、あくまでも現地現物で独自の答えを出し続けるトップランナーとして。


倉本圭造
経営コンサルタント・経済思想家
公式ウェブサイト
ツイッター→@keizokuramoto

(関連記事)
最近の「ヤンキー論壇」の突然の隆盛は、「新東西冷戦」「Gゼロ」の時代に向かう混乱の中で、日本が日本ならではの価値を提供できるようになる第一歩なのだ・・・という記事がこちら

・「項羽と劉邦作戦」についてはこちらの記事をどうぞ。

・安部総理も今じゃナショナリストさんの言うことばっかり聞いてられない情勢になってしまったからこそ、今度はリベラルさんの側からの「戦後レジームの総決算」をやってやろうじゃないか!という記事がこちら


このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。