スキップしてメイン コンテンツに移動

iPS細胞の山中教授と、スティーブ・ジョブズの共通点は?

いきなりですが質問です、

スティーブ・ジョブズの父親は、どういう人物だったのか?

ご存知でしょうか?

(細かいことを言うようですが彼は生まれた直後に養子に出されているので、ここで言うのは“育ての親”のポール・ジョブズさんの方です)

えっと、確か大学行ったことない人で、でも実直な感じの人で、結構スティーブ・ジョブズはその養父のことが好きだったんだよな・・・でもあんまり印象無いなあ・・・

というあたりが、「俺はマックファンだし、スティーブ・ジョブズについちゃ結構知ってるぜ」というあなたでも普通の感覚ではなかろうかと思います。

稀代のアントレプレナーでプレゼンの天才、そして周囲には時に無茶苦茶な暴君になる大変人、あの故・スティーブ・ジョブズの破天荒なストーリーの中に、脇役も脇役として出てきた、

「ん?ああ、いたね、そういう人」

って感じの人がポール・ジョブズさん・・・だと私も思っていたんですが、最近遅ればせながらスティーブ・ジョブズの伝記(生前の本人が全面的に協力してウォルター・アイザックソンという人によって書かれた本→上巻 ・ 下巻)を読んで、ポールさんのスティーブ・ジョブズへのあまりの影響力の大きさに驚愕しました。

「ああ、いたね、そういう人」どころか、スティーブ・ジョブズをスティーブ・ジョブズたらしめた人を世界から10人、いや5人だけ選ぶとしても、必ずポールさんは外せないってぐらいじゃないか・・・・ってぐらいの印象だったんですよ!

(もちろんその「伝記」がどこまで真実を捉えているかはわかりませんが、ただ読んでいて驚くほど凄く出来がいい本だと感じるので、やはりかなり印象として正しいのではないかと私は思っています。)



スティーブ・ジョブズを彼らしくした要素の中には、

A ・子供の頃からシリコンバレー育ち、近所のハイテク企業に務める最先端エンジニアたちに囲まれた文化の中で育ったという要素

B ・自然食や代替医療やドラッグや座禅や・・・といった世界に、時に異様なほどのめり込んだヒッピーという要素


の2つは、すぐに思いつくと思いますし、それこそがスティーブ・ジョブズを作り上げたものの「すべて」のように考えてしまいがちです。

しかし、伝記を読んだ印象では、そのA・B両者に負けず劣らずというレベルで

C・「“ガンコな手仕事職人”としての養父ポールさんの薫陶」

の影響が大きかった感じなんですよね。

ポールさんは、ガラクタのクルマを買ってきて自分で修理して転売したり、近所のハイテク企業のエンジニアに頼まれて、試作品などを手仕事で作る職人・・・のような仕事をしていたそうです。

伝記執筆者のアイザックソンさんと生前のスティーブ・ジョブズが一緒に彼の生家を訪れた時に、ポールさんが手仕事で作った柵などについて自慢気に語っている様子を見ると、ポールさんの「そういう部分」は、スティーブ・ジョブズにとって「ほんとうに大切なもの」だったんだろうなという風に読めます。

「本当に良い仕事というのは、家具の壁側の見えない部分でも安い合板で誤魔化したりしないんだ、見えないところまでちゃんとやるのが本当の職人なんだ」というようなことをポールさんはジョブズによく語っており、後にスティーブが作った自社工場にポールさんを招いて、物凄く誇らしげに製造機械を見せたりしていたそうです。

もし、スティーブ・ジョブズを形成したものが、A 「シリコンバレー的ハイテク最先端とのふれあい」と、B「ヒッピーイズム」だけだったなら、彼の業績はあそこまでのものになっただろうか?という問いは、どういう方法でも検証しようがない問いではありますが、私はどうしても「Cがあったからこそ」と思う自分がムチャを言っているとは思いません。



さて、ここまで読んでいただいてありがとうございます。ではこの記事のタイトル、

iPS細胞の山中教授と、スティーブ・ジョブズの共通点は?

に戻ってみましょう。

そう、山中教授のお父さんも、町工場のおやっさんだったんですね。

そういう「ものづくり的な現場感」は、あらゆる権威をぶっ飛ばして「物自体」の実際感をちゃんと見る力を与えてくれるように思います。

学問的な知識の蓄積システムというのは、「常にその時代の最善仮説であるというに過ぎない」という宿命がありますから、「現場的に生きているありとあらゆる人間のリアリティ」とは乖離があって当然です。

でもそこで、「じゃあ学問なんて馬鹿馬鹿しいよね」となってしまわずに、人間が培ってきた「あの知識の総体」への敬意は持ちつつも、しかし「本当のリアリティっていうのは人間程度の認識を全く超えたところにあるもんだろ」とうような

「適切なてやんでえ精神」

を広い範囲の人間が共有していることが、「科学というものの根本的性質」からすると最も「合理的」なことなんですよね。

「アメリカンにシステム化された国」と「もっとナマの人間の感情・習慣が残っている国」との間の軋轢が、ウクライナ問題やアフガニスタン問題をはじめとして世界を不安定にさせていく時代の中で。

アメリカの強権的なパワーで無理やり押さえつけていたものが、抑えきれなくなって世界中で噴出しはじめている時代だからこそ。

我々日本人は、

「半分野蛮人・半分文明人」という引き裂かれた特性の中で100年以上生きてきた自分たちの「根底的かつ積年の悩み」こそが、「世界で一番のホットトピック」になる時代

を生きています。

社会の中に、

「グローバリズム的なシステムを全拒否にすることなく、しかしその運用において常に現地現物のリアリティの確かな手触りの中から発想していくモード」=「適切なてやんでえ精神」

を満たす文化を満たしていくこと。

それが、単純に相手側を否定するだけの「グローバリスト」と「アンチグローバリスト」が全力でぶつかりあっている世界に、「あたらしい希望」を与える我々日本人の使命なのです。

私はそれを「項羽と劉邦作戦」と呼んでいます。(詳しくはこちら↓)

http://keizokuramoto.blogspot.jp/2014/02/blog-post_2905.html

日本ならできる、日本にしかできない世界貢献は、「適切なてやんでぇ精神」の徹底共有から生まれるんですね!

「●●人を殺せ!」的な方向で噴出していってしまっているエネルギーを、「断罪」するのではなくて「良い方向に誘導」することを考えよう!という記事がこちら↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html

倉本圭造
経営コンサルタント・経済思想家
公式ウェブサイト
ツイッター→@keizokuramoto

このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。