スキップしてメイン コンテンツに移動

「テロリストとも話せば分かる」は本当に実現できるか?

「テロリストとだって話せば分かる、酒を酌み交わせばわかる」的な理想主義について、まあ無理なもんは無理だという現実は認めた上で、理想を諦めないためには何ができるだろうか?ということを考える記事を書きます。

結論から先に言うと、

酒を酌み交わせば理解しあえるぜ!というのは、自分以外の誰の人生についても、たった一時間酒飲みながら話せる程度の事情以外は俺は勘案しないよと言ってるようなもの

なので、

本当に話せば分かるを目指すなら、世界の見方全体を変えようとする必要が出てくるんだ

・・・ということになろうかと思います。

では以下本文です。





私は若いころ、一人暮らしをしているといつの間にか誰か女の子と一緒に住んでいることになる・・・というビョーキだったんですが、大学時代に一緒に住んでいた女性は文化人類学を専攻していて、わざわざ旧ユーゴ(当時NATOが爆撃した直後)の言葉を覚えて、現地に数ヶ月行って、お墓だったかなんだかの習俗を調べて卒論を書いていました。

学部生の卒論としては相当マジな研究だったと思いますが、私も後から付いてって1ヶ月ぐらい分裂直後のユーゴスラビアにいたことがあります。

ユーゴと言えば「ヨーロッパの火薬庫」と言われた世界史上常に紛争の原因になっていた地域で、特に当時、「vs資本主義」で何十年と頑張って1つにまとまっていた民族同士の団結のタガが外れたことで争いが激化して、ある民族が別の民族を虐殺したとか、いやそれはアメリカの陰謀ででっち上げられた嘘だとか、いろいろ言われつつ、NATOが爆撃もして、それで大事な橋が落ちちゃったままの町に、1ヶ月ぐらい滞在したわけです。

私たちが長期滞在したのは「アメリカの敵側」扱いだったセルビア人の地域で、一緒にBSで「US版ゴジラ」を見てたら「ゴジラ頑張れ!アメリカ倒せ!アメリカ死ね!」とか叫んだりするホストファーザーに、「アメリカのプロパガンダに使われた写真の嘘を暴く」みたいな現地のドキュメンタリーをエンエンと同時通訳されながら見せられたり、NATOの爆撃の時に着弾の爆発音ごとに「カンパーイ!(ヤケクソ感)」ってやってるホームビデオを見せられたり・・・と、ウブな20代前後の自分としてはかなりカルチャーショックの大きい体験でした。

現地通貨が公式には非現実的なレートに固定されていたので、ドイツマルクの現金を持って入ると市場で知らない人に10倍ぐらいで替えてもらえたり、そのレートも一ヶ月の滞在中に「これがインフレというヤツだね」という感じで変化していったり・・・と経済学部の学生として非常に興味深い体験もしました。

で、実際に「虐殺」の実態がどうだったのか・・・私にはわかりません。ホストファーザーのオッサンが言ってたようにアメリカのでっち上げなのか、それとも実際にあったことなのか。多分あったんじゃないかと私は感じてはいますが。でも勿論ホストファーザー自身がやったことではないし、彼が住んでいる比較的セルビア人ばかりが多い地区では基本的に平和だったし、混在している地区(結果的に今では別の国になった)で起きた不幸によってなんで俺たちが爆撃されなくちゃいけないんだという気持ちは凄いわかる。

・・・というような話をすると、あまりに立場の違う人だなあという感じだけど、「飲めばわかる感」がたしかにある部分もあるんですよね。前に別のブログ記事でちょっと書いたんですが、そのホストファーザーのオッサンは相撲マニアで、私も全然知らない力士の名前やら決まり手の名前やら知っていて、「君の名前は実はケイゾウのヤマとかケイゾウの海とかじゃないのかい?」とか言われたり、当時優勝したMUSO-YAMAっていうのは、no one is stronger  than meって意味だよとか教えたら喜ばれたり(今検索したら無双山じゃなくて武双山だった!・・・嘘教えてるやん俺)、そういう色々とハートウォーミングな話はあったりした。

わざわざ山奥のセルビア正教の廃教会までボロボロのプジョー(ダッシュボードから伸びてる二本の配線を交差させるとバチッとなってエンジンがかかる)で連れてってくれたり、セルビア伝統の野菜と肉を蒸し焼きにした料理を作ってやる!と作ってもらったり・・・いろいろと思い出は尽きません。

で、そうやってると「わかりあえるじゃん!人類皆兄弟じゃん」って思える「瞬間」ぐらいはあるんですけど。

ただ、彼らが背負ってる運命全体の重さを考えると、そう簡単に「わかりあえたなあ」とは思えないなあ・・・と言うのが個人的な実感でした。

自分たちの民族が世界的に「悪者」扱いされて、1つだった国がバラバラに分割されて、自分が使っている通貨がどんどん紙くずになっていき、アメリカがバンバン自分たちの町を爆撃してきて、・・・で、もう着弾ごとに「カンパーイ!」とか言って酒を飲むヤケクソ精神を持つしかなくなってるオッサンに「あんたの言いたいこと、わかるぜぇ」とはちょっと言えないなという感じでした。

で、思ったことは、

酒を酌み交わせば理解しあえるぜ!というのは、自分以外の誰の人生についても、たった一時間酒飲みながら話せる程度の事情以外は俺は勘案しないよと言ってるようなもの

なんですよね。

勿論、1ヶ月とかじゃなくてマジに一生ものでその地域に関わっていく仕事や人生を選ぶなら、また何か違った風景が見えてくるのかもしれませんが、そうすると今度は「相手の事情」に同化するだけで「日本人としての自分の事情」を捨て去ったり攻撃したり「巨悪扱い」しだす人も多くて、それはそれで結局「相互的にわかりあえた」とは言えないんじゃないかという感じを私は持ちます。



で、だから話し合いなんて無駄なんだよ・・・という話になっちゃうと、ちょっと夢も希望もありゃしませんという感じなので、じゃあどうすればいいのか・・・っていう話で言うと、

「それぞれの民族の一番深刻な話」も「俯瞰」で取り込めるような新しい世界観が必要だな

っていうのが、当時の体験を10数年ジクジクと心の中で持ちながら生きてきた私の現時点での結論という感じがしてます。

どういうことか?それについてはまた次回書きたいと思います。お前はブログなのに本書いてる時みたいに一回にまとめて書きすぎなんだよ!とよく怒られているので・・・

次回予告的な話で言うと、この話を「日韓」の問題にあてはめた以下の絵(今作ってる本の挿絵なんですが)がキーポイントです。
f:id:toyonaga-san:20151121172855p:plain
日韓関係においてもそうなんですが、「酒のんでわかりあえるレベル」の話で、あるいは「個人レベルでの交流」でバンバンわかりあえる話だけで行くと、この「最後のところで持っている一番深刻な話」の部分でのネジレがどんどん溜まっていって、どこかで暴発するんですよね。

相撲の話してる分には良かった。サッカーの話してる分には良かった。酒のんで一時間分の話をしてる分には良かった・・・の「先」にある一番深刻な話を避けていると、いずれ長期的に見た時に「その間の交流」が「ほんの一部の人たちだけのもの」になってしまって、むしろ「国民全体」というレベルでの友好感情を逆に悪化させてしまうことだってある。

この時に、「日本側の3割」の「どうしても言いたいこと」を諦めないことが・・・つまり

「酒飲んで一時間の範囲内では絶対出てこないような話」のレベルを真剣に扱って解決すること

が、「本当に話せばわかる」のためには大事なんだと思うわけです。

そしてその時には「相手に寄り添うだけじゃなくて、自分のルーツ的なものにも同じだけ寄り添う姿勢を持たないと、本当に相互的な理解には至らないだろう」という話もします。

その流れの中で、前回結構反響があった、「だからこそ、アベの独善性よりも、シールズの独善性の方が、やはり問題だと私は思うんだ」・・・という話も出てくるので、未読の方はぜひどうぞ↓
テロが当たり前の時代の『あたらしい正義』について。


倉本圭造
経済思想家・経営コンサルタント
公式ウェブサイト
ツイッター
↑ブログの更新情報(スイマセンが不定期です)をお受け取りになるには、ツイッターをフォローいただくのが便利です。

このブログの人気の投稿

今更ですけど自己紹介を・・・その1.副題『原生林のような豊かでタフな経済を目指して』

このページはよほど倉本圭造に興味がある人のためのありえないほど長い自己紹介エッセイなので、サクッとコイツ誰なんだ?ってことが知りたい場合は、私のホームページの「Who?」欄をお読みください。(向こうにしかないコンテンツもありますし、とりあえずコンパクトに全体像がご理解いただけると思うので、かなりご興味を持ってくださっている方も、先に向こうをお読みいただけるとご理解しやすいように思います。その後以下の”長文”へと戻ってきていただければと)







最近出版の依頼を下さった人がいて、”出版社の女性社長さん兼編集者”としてギョーカイでは結構有名な人らしいんですが、「21世紀の薩長同盟を結べ」本体を読むまで、プロフィール欄を読んでも「???」って感じだったと言われたんですよね。

その「???」になったっていう文章は、本の著者プロフィール欄に記載されているコレなんですが。

1978年神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー入社。国内大企業や日本政府、国際的外資企業等のプロジェクトにおいて「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面することで、両者を相乗効果的関係に持ち込む『新しい経済思想』の必要性を痛感、その探求を単身スタートさせる。まずは「今を生きる日本人の全体像」を過不足なく体験として知るため、いわゆる「ブラック企業」や肉体労働現場、時にはカルト宗教団体やホストクラブにまで潜入して働くフィールドワークを実行後、船井総研を経て独立。「個人の人生戦略コンサルティング」の中で、当初は誰もに不可能と言われたエコ系技術新事業創成や、ニートの社会再参加、元会社員の独立自営初年黒字事業化など、幅広い「個人の奥底からの変革」を支援。星海社新書より『21世紀の薩長同盟を結べ』発売中です。
で、「なるほど、意味わからない・・・かもしれないな」と思ったんで、それについて、一度まとめた文章を書いておいたほうがいいのかな・・・と思って、これから書きます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

あけましておめでとうございます。昨年の私は普段の仕事的にはそれなりに一歩ずつ経験積んで進歩してこれた感あるんですが、いかんせん本出したりネットに上げた文章が広く読まれて・・・という方向での活動としてはなんだか何もやってないも等しいような印象になりそうで、正直ちょっと焦ってもいます。

ただ今は、焦って本やブログを書いても、よくある「右や左の紋切り型」にしかならない難しい状況に世界がどんどんなっていくなあと感じていて、そうじゃなくて「個別の事例」と仕事で向かいあう中から立ち上がってくる何かを信じて積んでいきたい気分だというか・・・ま、もうこの歳になると自分はマイペースにしか生きていけない人間だってところは骨身にしみてわかっているので(笑)、相変わらずそういうペースで今後もやっていきますので見捨てないでたまに気にかけてやって下さい。

ちなみに、ブログ再移転しました。ブックマークされてる方は変更をお願いします。

新ブログトップページ↓
http://keizokuramoto.blogspot.jp



で、久しぶりのブログ更新、しかもブログ移転一回目・・・がテレビドラマの話題ってなんてミーハーなって感じもしますが、2016年最大の(たぶん)ヒット作となった『逃げ恥』が超よかったので、年末だしそれについて書きます。

全体的に言って、「自分らしく生きる」っていう現代的に超超超言い古されたことについて、ちゃんと一歩ずつ考えて一歩ずつ実現していかなくちゃね!っていう気持ちになったところが凄く良いドラマだったと思ってます。夫婦で見てて毎週二回は泣いてました。

このブログはそういう方向で、

・『逃げ恥』のどこにこんな感動するのかって話
と、
・それはある種「運命へのニーチェ的向き合い方」なんじゃないかって話(より正確には”一連の実存主義哲学”)
と、
・「他人の人生を生きないで、自分の個別性(自分らしさ)を生きること」っていう「言い古されたこと」を私達が本当にちゃんとやりきるにはどうしたいいのか?
というような話に広がっていく予定です。

日本から老害を一掃して残業を減らす唯一の方法

なんか挑戦的なタイトルになってしまいましたが、ただ最近「老害」っているんだよなァ〜と物凄く実感することがあって、その詳細をそのままは言えませんがそのやるせない思いをより広くて皆様と共有できるテーマとして昇華して書いてみたいと思っているんですが。

あなたは、「老害」って言葉、キライですか?好きですか?

私は最近まであまり好きではなかったです。老害扱いされてる人にも、うまく使ってあげればそれなりの価値やら色々あるんだぜ・・・と言いたい気持ちが結構あって。

ただ、そんなこと言ってると「老害さん本人」が「自分の老害性」を一切意識せずにノウノウと暮らし続ける反面、困ったことにその「老害さん」は権力持ってたりするのでその集団全体の適切な運営がどんどん滞り、直接的には「ヤル気のある若手」さんが、そして結果的には「その組織の人全員」が非常に困った状況にみんなで追い込まれていくことになってしまう。

物凄く大枠での言い方をすると、過去20年にわたる日本の苦境はこの「老害さんをどう扱うか」について、思い切りの良い諸外国のように何のテライもマヨイもなくボコボコに権力を奪って放逐していくような思い切ったマネジメントができなかったから・・・と言ってしまっても悪くないかもしれません。

ただね。現状の日本は、老害さんたちを腫れ物に触るように扱って捨てずにいたので、社会全体が「トランプvs反トランプ」みたいにどこまで行っても平行線な対立に落ち込んだり、スラム街がどこまでも悲惨なスラムになっていくようなことは避けられたり・・・というプラス面もあったんだろうとは思います。アメリカに比べたらまだ貧富の格差もまあマシなレベルに留まっている。

つまり、なぜ日本が「老害さん」たちを諸外国のようにはボコボコに斬ってしまえないかというと、「その老害さんが代表しているものの中に自分たちの良さの根幹も混ざっている」からだと言えるでしょう。