スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2017の投稿を表示しています

村上春樹は『男の敵』か?『女の敵』か?

村上春樹氏の新刊「騎士団長殺し」を読もうか迷ってる人のためのガイド・・・にかけつけて

・「村上春樹作品の本質とはいったい何か?」
・「騎士団長殺し」は過去の彼の作品とどこが違うか?
について深掘りしてみる記事の二回めがこちらです。

一回目は「村上春樹作品の本質とはいったい何か」について書きました。そちらを先に読みたいかたは→ここからどうぞ。

前回の結論を簡単にまとめると、

村上春樹作品とは、過去からの文化的惰性が通用しなくなった社会において、新しい自明性を獲得しようとあがく試み
であり、村上春樹作品を通して、「村上春樹作品の良さが理解できるタイプの読者」が獲得しようとしているのは、

小さく言うと他人との人間関係の1つ1つであり、そして大きく言うと自分の人生全体を、「自分で考えたテーマに沿って自らハンドメイドに形成していく力が私達にはあるはずだ」という勇気
であり、具体的な「しぐさ」のレベルで、崩壊してしまった社会の自明性をゼロから立ち上げなおそうとする

「新しい現代的に通用するセルフイメージの再構築」
が行われているのだという話でした。

では今回は、「騎士団長殺し」が彼の過去作品とはどう違うのか?について考えてみます。

「騎士団長殺し」は、かなり「彼の過去の作品群に出てきたモチーフ」が何度も出てくる作品になっていますが、その「扱いの細かな違い」ゆえに、「今まで彼が踏み込まなかった領域」に大きく一歩を踏み出した作品になっていると私は考えています。

今回の記事に目次はこんな感じです。

1・過去作品たちと似ているモチーフたち
2・しかし過去作品とはここが違っている
3・その違いがもたらしているものは何なのか?

キーワードは、よく彼本人の言葉として語られている「デタッチメントからコミットメントへ」という話につなげて、今回は「コミットメントからインテグレーションへ」というキーワードを私は考えています。



1・過去作品たちと似ているモチーフたち

今回の作品は、かなり「村上春樹作品あるある」なネタがたくさん出てきましたね。

・裏庭にある異世界へ繋がる穴
・理由が明示されずに突然終わりを告げる夫婦生活
・登場した瞬間ディズニーの版権の厳しさをネタにするトボけた「イデア」氏
・疑問文のトーンじゃなくて質問するローティーンの少女
・性欲を満たし合うだけの関係になる年上のマダム
・よくわからな…